コンソール画面への文字表示や文字列の入力に関する命令

↑目次に戻る

CLS

コンソール画面を消去(DISPLAY命令で指定された画面)
DISPLAY 0
CLS

COLOR 描画色 [,背景色]

文字の色と文字裏の背景色をRGB値で指定します

引数

描画色

・通常はRGB関数で指定 例)COLOR RGB, RGB
・直接数値を指定するときは、RGB各8ビットの色コード

背景色

・背景色だけを変更するときは、描画色の省略可能

COLOR RGB(255,255,255),RGB(0,0,32)
COLOR #WHITE
COLOR ,RGB(0,0,0)

LOCATE [座標X],[座標Y]

コンソール画面への文字表示位置を指定

引数

座標X,Y

・文字単位の座標
・座標は表示できる文字数は解像度に依存、門司区はCONSOLE命令で指定した場合はその表示範囲
・X,Yを省略すると、それぞれ以前のX,Y座標を維持

LOCATE 20,15

TPRIO Z座標

コンソール画面の表示順位変更

引数

Z座標

奥行方向の座標(奥:1024<液晶面:0<手前:-256)

CPRIO -100

PRINT [式 [;または, 式…]]

コンソール画面への文字表示

・式を省略すると改行のみ行う
・PRINTは?で代用可能

引数

・表示する変数、文字列変数、数値、文字列
・四則演算等や関数による計算式も記述可(計算結果が表示される)

;(セミコロン)

表示後に改行せず、次の表示を密着させる

,(カンマ)

・表示後に改行せず、次の表示を一定間隔開ける
・表示位置はシステム変数のTABSTEP単位に従う

PRINT RESULT(X,Y)=;DX*4+1,DY+1

ATTR 表示属性

コンソール画面に表示する文字の回転・反転属性を設定

・テキスト属性用の定数利用可能(#TROT0~270、#TREVH,V)

引数

表示属性

b00 ↑90度単位の回転(b00とb01の2ビットで指定)
b01 ↓#TROT0、#TROT90、#TROT180、#TROT270
b02 横反転(0=OFF、1=ON)、#TREVH
b03 縦反転(0=OFF、1=ON)、#TREVV
ATTR 3:PRINT ABC

SCROLL 文字数X, 文字数Y

コンソール画面全体の表示位置調整

・視点が移動するイメージ(文字が移動する方向は逆)
・画面外に押し出された文字は消える

引数

文字数X

横方向の視点移動量(マイナス値で左、プラス値で右)

文字数Y

縦方向の視点移動量(マイナス値で上、プラス値で下)

SCROLL 5,7

変数 = CHKCHR( 座標X,座標Y )

コンソール画面の文字コードを調べる

引数

座標X,Y

文字単位の座標(X:0~49,Y:0~29)

戻り

UTF-16文字コード

CODE=CHKCHR(0,0)

INPUT ["ガイド文字列";] 変数[,変数2…]

キーボードから数値または文字列を入力

・ENTERキーが入力されるまで入力待ち
・入力数が不足時「?Redo from start」を表示し再入力

引数

ガイド文字列

・入力用のガイドメッセージ(省略可能)
・ガイド文字列後の;を,(カンマ)にすると?が表示されない
・;を使うときのみガイド文字列には文字列変数も使用可能

変数

・入力を受け取る変数(数値または文字列変数)
・変数を複数指定する場合,(カンマ)で区切る

INPUT "名前と年齢は";NM$,AG

LINPUT ["ガイド文字列";] 文字列変数

キーボードから文字列の取得

・INPUT命令では入力できない「,」等も受け付ける
・ENTERキーが入力されるまで入力待ち

引数

ガイド文字列

入力用のガイドメッセージ(省略可能)

文字列変数

1行分の入力を受け取る文字列変数

LINPUT "ADDRESS:";ADR$

文字列変数=INKEY$()

キーボードから1文字取得(入力待ちなし)

引数

なし

戻り

・キーボードからの1文字(UTF-16)
・入力がない場合 が戻る

C$=INKEY$()

FONTDEF 文字コード, "フォント定義文字列"

指定文字コードのフォントを定義

引数

文字コード

フォントを定義する文字コード(UTF-16)

フォント定義文字列

・1ドットはRGBA=8888形式の32ビット色コード
・ARGB各色8ビット(0~31)
・色要素を16進数8ケタの文字列で扱う
・例)白:FFFFFFFF 黒:FF000000 赤:FFFF0000
・1文字は8×8=64ドットフォント定義文字列は計256文字

関連

GCOPY、GSAVEのページ番号-1でフォント画像操作可能

F$="FFFFFFFF":Z$="FF000000" 
D$=F$*7+Z$
D$=D$+F$*2+Z$*3+F$*2+Z$
D$=D$+F$+Z$+F$*3+Z$+F$+Z$
D$=D$+F$+Z$*5+F$+Z$
D$=D$+F$+Z$+F$*3+Z$+F$+Z$
D$=D$+F$+Z$+F$*3+Z$+F$+Z$
D$=D$+F$*7+Z$
D$=D$+Z$*8
FONTDEF ASC("A"),D$

FONTDEF 文字コード, 数値配列

指定文字コードのフォントを定義

引数

文字コード

フォントを定義する文字コード(UTF-16)

フォント定義配列

・1ドット1要素の数値配列を用意(1文字8×8ドット=64要素)
・1ドットはARGB=8888形式の32ビット色コード
・ARGB各色8ビット(0~32)
・例)白:&HFFFFFFFF 黒:&HFF000000 赤:&HFFFF0000

関連

GCOPY、GSAVEのページ番号-1でフォント画像操作可能

DIM F%[64]
DATA "11111110" 
DATA "11000110" 
DATA "10111010" 
DATA "10000010" 
DATA "10111010" 
DATA "10111010" 
DATA "11111110" 
DATA "00000000" 
TOP=ASC("A"):CNT=1
FOR I=0 TO CNT-1
 FOR D=0 TO 7
  READ F$
  FOR B=0 TO 7
   C=0:IF MID$(F$,B,1)=="1" THEN C=&HFFFFFFFF
   F%[D*8+B]=C
  NEXT
 NEXT
 FONTDEF TOP+I,F%
NEXT

FONTDEF

フォントの定義を初期状態に戻す
FONTDEF

WIDTH フォントサイズ

コンソールの文字サイズ変更

引数

フォントサイズ

8 8x8ドット(標準状態)
16 16x16ドット(通常の縦横2倍表示)
WIDTH 16

WIDTH OUT SIZE

コンソールの文字サイズ取得

引数

なし

戻り

SIZE

現在設定されているフォントのサイズ(8/16)

WIDTH OUT FS

CONSOLE

コンソール表示を、初期状態に戻す
CONSOLE

CONSOLE X,Y, W,H

コンソール表示を、指定した位置と大きさに設定

・XまたはYが表示範囲を超えるとout of range
・WまたはHが8未満、もしくは、X+WまたはY+Hが表示範囲を超えるとout of range

引数

X,Y

文字単位の座標(表示できる文字数は解像度に依存)

W,H

横と縦の文字数(表示できる文字数は解像度に依存)

CONSOLE 0,0,40,25

CONSOLE OUT X,Y, W,H

コンソール表示位置と大きさの取得

・X+WまたはY+Hで表示範囲を超えるとout of range

戻り

X,Y

文字単位の座標

W,H

横と縦の文字数

CONSOLE OUT X,Y, W,H
?X,Y,W,H

↑目次に戻る