SmileBASIC

更新データのお知らせ


2018年3月14日より、下記の誤作動の修正を行った更新データ(Ver.3.6)を配信いたしました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、更新データをダウンロードしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

更新データのダウンロード方法はこちら

更新内容

Ver.3.6.0において追加・変更 (2018.3.14)

スクリーンキャプチャ機能の追加

  • BASIC画面で3DSのSELECTボタンを押すと、上下画面イメージをJPEG画像として保存します。保存した画像はニンテンドー3DSカメラアプリや、ニンテンドー3DS画像投稿ツールで使用可能です。

新規命令

  • CHKMML(MMLの文法チェック結果を返す関数)

STARTボタン

  • 誤動作防止の為、プログラム停止の操作をSTARTボタン長押しに変更致しました。

Ver.3.6.0において修正 (2017.3.14)

BASICインタプリタの問題

重大度:高

OPTION命令で引数を1個も指定しないとハングする
命令呼び出しや定義でOUT以下の引数が256個以上あるとハングする
GLINE命令で巨大な座標を指定するとハングする事がある
非常に複雑な式がプログラム中にある場合実行時にハングする事がある
※例えば A$[0][0][0]…(1700回繰り返す)[0] など。一般的に考えられる程度の複雑な式では発生しません。
配列を8次元以上の添え字で参照しようとするとハングする
プログラムを実行しようとしてSyntax Errorが発生した後で、そのプログラム内のラベルにGOTOやGOSUBしようとするとハングする事がある

重大度:中

EXEC命令でPRG以外のリソースタイプを指定してもエラーにならない
LIST命令でERR引数を小文字で指定するとtype mismatchエラーになる
BGM再生関連命令呼び出し直後にBGMCHK関数を使用しても正しい状態を取得できない
MIN,MAX関数で比較内容にINFやNANが含まれていると正しい値が返らない
DEFBGの画像データで、(0,16)-(511,47)に含まれている文字の縁の色が Ver.3.5.2 で変わっていた
DIALOG命令で円マーク(¥)とバックスラッシュ(\)が正常に表示できない
COLOR命令で2個の引数を指定し、2個めの引数がおかしな場合、エラーが発生するにも関わらず1個目の引数分の設定がされてしまう

メニュー画面の問題

重大度:中

オプション画面で色選択バーが一番下になっていると設定色がおかしくなる
LOAD命令でエラーが発生した場合、エラーダイアログのキャプションが正しく設定されていない事がある
名前が1文字のプロジェクトをアップロードしようとするとエラーが発生してアップロードできない
(以前の更新内容もVer.3.5.2に含まれます)以前の更新内容
ページトップへ