SmileBASIC

更新データのお知らせ


2017年3月15日より、下記の誤作動の修正を行った更新データ(Ver.3.5.2)を配信いたしました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、更新データをダウンロードしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

更新データのダウンロード方法はこちら

更新内容

Ver.3.5.2において修正 (2017.3.15)

BASICインタプリタの問題

重大度:高

DIALOG命令の第4引数に-1~-6の値を指定すると、表示がおかしくなったり、ハングアップする事がある
FILES命令をファイル種別指定つきで使用するとハングアップする事がある

重大度:中

TXT形式のSAVEを行ったときにデータが正しく保存されない事がある
スマイルボタンから起動したツールプログラム内で、プロジェクトをまたいだLOADができない
境界色指定のあるGPAINT命令の処理速度が遅い
GCLIP(表示側)、SPCLIP, BGCLIPで画面範囲以外の座標を指定すると画面にゴミが表示される事がある
PRINT文やFORMAT$で実数を表示・文字列化する場合に3号とは異なる誤差が含まれる事がある
※変換結果の文字列は異なりますが、元の数値自体は変わっていません

メニュー画面等の問題

重大度:中

USBキーボードが「かな入力モード」や「ローマ字入力モード」の状態でファイル書き込みダイアログが表示されると、ファイル名が正しく入力できない
USBキーボードが「かな入力モード」や「ローマ字入力モード」の状態で、キーボードショートカットが使用できない
ページトップへ